学童保育(放課後児童クラブ)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

学童保育(放課後児童クラブ)

共働きなど日中に保護者がいない家庭の小学生を対象に、放課後に適切な遊びと生活の場を提供する事業。児童福祉法に基づいて自治体や民間が提供する。小学校の空き教室、学校敷地内外に建てるプレハブなどの専用教室、児童館などが使われている。 高松市の場合、保育士や教諭の免許、あるいは一定の経験をもつ支援員と、補助員の計2人が原則、各教室につく。利用時間は放課後から午後6時半(延長すれば午後7時)まで、土曜や夏休みなどは午前8時から。利用料は月5千円など。 県によると、16年度の学童保育の待機は、高松市以外に観音寺市31人、さぬき市15人、多度津町9人だった。

(2017-08-04 朝日新聞 朝刊 香川全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学童保育(放課後児童クラブ)の関連情報