コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学習研究社(株) がくしゅうけんきゅうしゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学習研究社(株)
がくしゅうけんきゅうしゃ

1946年(昭和21)古岡秀人(ふるおかひでと)によって創業された出版社。当初、月刊雑誌『初等5年の学習』『初等6年の学習』を発刊、ついで全学年別学習雑誌を完成。のち、中・高校生に読者対象を広げ、さらに『グランド現代百科事典』『現代日本の文学』『大系世界の美術』など一般読者向きの書籍までカバーする大手の出版社として成長を遂げた。同社は他の出版社と異なり、強力な販売部門をもち、出版物のみならず、幼児向きの知育玩具(がんぐ)から中・高校生向きの模型セット、映画、スライド、さらに教育機器に至るまで手がけ、特約代理店やインターネット上のオンラインショップなどを通してこれらの製品を販売している。1982年(昭和57)8月株式を公開。2004年(平成16)7月、子会社の立風(りっぷう)書房を吸収合併した。2009年10月、持株会社に移行し、社名を学研ホールディングスに変更した。2010年9月期の資本金183億5702万円、年商781億0500万円(連結ベース)。[海老原光義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

学習研究社(株)の関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android