学習転移(読み)がくしゅうてんい

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ある行動についての学習が、その後の異なる学習に対しても影響を及ぼすこと。例えば、ピアノを学んだことのある人が、学んだことのない人に比べ、その他の楽器も容易に習得できるなどといった現象をいう。 学習転移には、先行する学習Aがその後の学習Bを促進するという“の転移(positive transfer)”と、その逆に妨害となる“の転移(negative transfer)”とがある。 それぞれの学習の間に同一の要素が多いか、類似性が高いほど転移の程度は高くなる。そして学習の結果としてあらわれる反応が類似している場合は正の転移に、相反する場合は負の転移につながるとされる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android