コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅地造成事業費特別会計

1件 の用語解説(宅地造成事業費特別会計の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宅地造成事業費特別会計

公共用地の先行取得を図る目的で作られた「地方公営企業」。自治体公共事業で立ち退きを迫られた市民に、移転先を提供するため事前に土地を取得する、などの事業に当たる。開発の失敗や不明朗な取得例が相次ぎ、「第二の土地開発公社」と呼ばれる。奈良市の同特別会計が保有する土地は26万7220平方メートル。造成済みだが未処分の土地1万3400平方メートルに対し、造成すらされないまま放置された土地が25万3800平方メートルもあり、市財政を圧迫している。

(2009-06-29 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宅地造成事業費特別会計の関連キーワード会館公共用財産公共用物地価税土地開発公社政策保険農用地利用改善事業奈良県生駒市の山林先行取得をめぐる背任事件

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone