コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇ノ気〈町〉 うのけ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕宇ノ気〈町〉(うのけ〈まち〉)


石川県中部、河北(かほく)潟の北に存在した町。河北郡。
哲学者・西田幾多郎(にしだきたろう)の出生地。2004年(平成16)3月、合併のため廃止。⇒かほく市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

宇ノ気〈町〉の関連キーワード石川県かほく市かほく(市)中橋久左衛門かほく[市]西田 幾多郎山崎 一雄山越 徳玄宇ノ気河北潟七塚

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android