コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇佐美【しん】水 うさみしんすい

百科事典マイペディアの解説

宇佐美【しん】水【うさみしんすい】

江戸中期の儒学者。上総(かずさ)の人。名は恵(けい)。荻生徂徠に学び,その遺著を多く校刻し,経義を明らかにすることを任とした。晩年は出雲(いずも)松江藩に仕え,藩政に参与。
→関連項目海保青陵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

宇佐美【しん】水の関連キーワード蘐園学派

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android