宇喜多直家・浮田直家(読み)うきたなおいえ

精選版 日本国語大辞典「宇喜多直家・浮田直家」の解説

うきた‐なおいえ【宇喜多直家・浮田直家】

戦国時代の武将。興家の子。主家の浦上宗景を逐って、岡山城を拠点に美作備中勢力をもった。羽柴秀吉に属して毛利軍と抗戦。法名涼雲星友。享祿二~天正九年(一五二九‐八一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android