コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇喜多秀家(1572―1655)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宇喜多秀家(1572―1655)

備前とその周辺を統一した宇喜多直家嫡男として生まれた。岡山城や旭川を整備し、現在の岡山の基礎をつくったことで知られる。徳川家康や前田利家らとともに豊臣五大老に選ばれ、関ケ原の戦いでは西軍の主力として戦った。瞳が大きく、鼻筋の通った肖像画が残っており、「イケメン戦国武将」として人気を集めている。

(2010-10-11 朝日新聞 朝刊 岡山全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

宇喜多秀家(1572―1655)の関連キーワード東京都八丈町大賀郷天下茶屋の仇討ちトリコマイシン河内七郎右衛門碧蹄館の戦い坂崎出羽守宇喜多休閑沢橋六太夫小早川秀秋宇都宮国綱関ヶ原の戦明石掃部浮田一蕙豊臣秀吉下津井城坂崎成政本多政重花房職之脇田直賢小瀬甫庵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android