コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇奈月〈町〉 うなづき〈まち〉

1件 の用語解説(宇奈月〈町〉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕宇奈月〈町〉(うなづき〈まち〉)


富山県北東部、黒部川中流域に存在した町。下新川(しもにいかわ)郡。
トロッコ列車で有名な黒部峡谷鉄道が走る。国指定の特別名勝かつ特別天然記念物の猿飛峡・奥鐘山、紅葉の名所として知られる錦繍関(きんしゅうかん)などがある。2006年(平成18)3月、合併により廃止。⇒黒部市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone