コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙政策(欧州の) おうしゅうのうちゅうせいさく/うちゅうせいさく(European) space policy

知恵蔵の解説

宇宙政策(欧州の)

欧州で宇宙開発を進めている15カ国がESA(欧州宇宙機関)を結成して、共同の努力をしている。各国はそれぞれの宇宙計画を持つと同時に、大規模な計画についてはESAを中心に展開している。本部はパリ。オランダのノルドバイクにESTEC(欧州宇宙技術研究センター)、ドイツダルムシュタットにESOC(欧州宇宙運用センター)、イタリアフラスカティESRIN(欧州宇宙研究情報センター)があり、人工衛星・探査機の打ち上げには共同出資のアリアン・ロケットが使われている。発射場は、南米の仏領ギアナにある。アリアン・ロケットは世界の商業打ち上げ市場の50%以上のシェアを誇る。フランス、ドイツ、イタリアが3大出資国。宇宙科学分野の長期計画としては、ロゼッタ(彗星ランデブー計画)を始めとするホライズン2000プラスを有している。現在はコズミック・ビジョンと称する、より連続性のある安価な計画に方針転換しつつある。欧州の宇宙政策を貫く思想は「米国からの自立」である。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

宇宙政策(欧州の)の関連キーワードアメリカ国家宇宙評議会宇宙政策(ロシアの)宇宙航空研究開発機構宇宙政策(米国の)ジョン ログスドン山口俊一(2)宇宙開発委員会宇宙政策委員会宇宙基本計画火星有人飛行宇宙開発政策特命担当大臣前原誠司山本一太BNSCNSC

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android