コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙破片 うちゅうはへんspace debris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙破片
うちゅうはへん
space debris

宇宙塵などの自然物体や,寿命を終えた人工衛星ロケットおよびその破片などの人工物体で,宇宙空間に漂っている物の総称。有人宇宙活動が盛んになるに伴い,宇宙破片との衝突が人命にかかわる危険性を持つこと,あるいは人工衛星の大型化や長寿命化に伴い,衝突の確率が増してきたことから,国際的に問題視されている。たとえば宇宙ステーションでは,居住区の周りを衝突防護壁で囲うなどがある。宇宙破片はアメリカの観測網により,10cm以上のものは検知されているが,それ以下のものが圧倒的に多いといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

宇宙破片の関連キーワード宇宙塵

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android