宇宙破片(読み)うちゅうはへん(英語表記)space debris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙破片
うちゅうはへん
space debris

宇宙塵などの自然物体や,寿命を終えた人工衛星ロケットおよびその破片などの人工物体で,宇宙空間に漂っている物の総称。有人宇宙活動が盛んになるに伴い,宇宙破片との衝突が人命にかかわる危険性を持つこと,あるいは人工衛星の大型化や長寿命化に伴い,衝突の確率が増してきたことから,国際的に問題視されている。たとえば宇宙ステーションでは,居住区の周りを衝突防護壁で囲うなどがある。宇宙破片はアメリカの観測網により,10cm以上のものは検知されているが,それ以下のものが圧倒的に多いといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android