コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治紫文(2代) うじ しぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇治紫文(2代) うじ-しぶん

1821-1879 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文政4年生まれ。初代宇治紫文の子。一中節宇治派の家元。父の一周忌の安政6年2代紫文を襲名。明治12年9月13日死去。59歳。江戸出身。初名は都和中。前名は宇治紫鳳。号は閑斎翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宇治紫文(2代)

没年:明治12.9.13(1879)
生年:文政4(1821)
江戸後期から明治にかけての一中節宇治派の家元。初代の子で名は福太郎。はじめ初代宇治紫鳳を名乗り,父の一周忌の安政6(1859)年に2代目紫文を襲名。明治8(1875)年5月隠居後は宇治閑斎翁と号した。

(吉野雪子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

宇治紫文(2代)の関連キーワードブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術クリスチャン・サイエンス宇治紫文(2代)タッパーペルー史