宇治紫文(2代)(読み)うじ しぶん

朝日日本歴史人物事典の解説

宇治紫文(2代)

没年:明治12.9.13(1879)
生年文政4(1821)
江戸後期から明治にかけての一中節宇治派の家元。初代の子で名は福太郎。はじめ初代宇治紫鳳を名乗り,父の一周忌の安政6(1859)年に2代目紫文を襲名。明治8(1875)年5月隠居後は宇治閑斎翁と号した。

(吉野雪子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android