宇津神社

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宇津神社

大長みかん」の里、豊町大長にある古社。境内の巨木「ホルトノキ」は樹齢千年以上ともいわれ、市天然記念物になっている。社殿の歴史も古く、本殿上棟の棟札(むねふだ)には1318(文保2)年とある。現存する棟札では、県内最古(1316年)に次ぐと見られる。

(2012-01-28 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android