コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇田淵 うだ

1件 の用語解説(宇田淵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

宇田淵

勤王家・医者・漢学者。京都生。字は子淵(子潜)、号は栗園・心遠居士、健斎と称す。実相院門跡家臣利起の六男。岩垣松苗梁川星巌清水完和門。岩倉公に親しく、宮内省御用掛、桂内親王家令、主殿助等を歴任。従三位勲三等。のち歌に志し岩倉公の推薦により京都向陽会幹事を務めた。主な書に『栗の花』等。明治34年(1901)歿、75才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone