コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇田淵 うだ

美術人名辞典の解説

宇田淵

勤王家・医者・漢学者。京都生。字は子淵(子潜)、号は栗園・心遠居士、健斎と称す。実相院門跡家臣利起の六男。岩垣松苗梁川星巌・清水完和門。岩倉公に親しく、宮内省御用掛、桂内親王家令、主殿助等を歴任。従三位勲三等。のち歌に志し岩倉公の推薦により京都向陽会幹事を務めた。主な書に『栗の花』等。明治34年(1901)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

宇田淵の関連キーワード三輪田 真佐子三輪田真佐子六人部暉峰宇田栗園

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android