コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮[市] うつのみや

百科事典マイペディアの解説

宇都宮[市]【うつのみや】

栃木県中央部の市。1896年市制。県庁所在地。大部分は洪積台地と鬼怒川・田川流域の沖積低地で占められる。中心市街は中世宇都宮氏の城下町,近世は本多氏などの城下町,日光街道の宿場町,市場町として発展。
→関連項目宇都宮大学栃木[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うつのみや【宇都宮[市]】

栃木県の中央部にある県庁所在地。1896年市制。人口43万5357(1995)。市域は鬼怒川東岸から田川沿岸をへて,宇都宮台地に及び,北部に宇都宮丘陵がある。中心市街は古くは《和名抄》記載の池辺郷の地とされ,中世には宇都宮氏の拠点となった。近世には日光・奥州両道中の分岐点にある城下町,宿駅,市場町となり,南の雀宮も日光道中の宿駅で,鬼怒川沿岸には河港が開かれた。宇都宮台地や鬼怒川西岸には,新田集落がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇都宮[市]の関連キーワード大谷磨崖仏二荒山神社大谷石

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android