コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮真名介 うつのみや まなすけ

美術人名辞典の解説

宇都宮真名介

幕末・明治の志士・国学者神官。安芸生。幼名采女、名は雄綱、号は雲渓・鶴梁・覚了・絢夫・雪卿。国漢仏に通じ、詩文を能くする。吉田松陰頼三樹三郎らと安政の大獄に囚れたが、僧籍にあるため処刑を免れる。のち湊川神社の神官となる。明治39年(1906)歿、74才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

宇都宮真名介の関連キーワード宇都宮黙霖

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android