コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮真名介 うつのみや まなすけ

美術人名辞典の解説

宇都宮真名介

幕末・明治の志士・国学者神官。安芸生。幼名采女、名は雄綱、号は雲渓・鶴梁・覚了・絢夫・雪卿。国漢仏に通じ、詩文を能くする。吉田松陰頼三樹三郎らと安政の大獄に囚れたが、僧籍にあるため処刑を免れる。のち湊川神社の神官となる。明治39年(1906)歿、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

宇都宮真名介の関連キーワード宇都宮黙霖

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android