コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮空襲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宇都宮空襲

宇都宮市がまとめた「うつのみやの空襲」によると、1945(昭和20)年7月12日午後11時19分から約2時間20分にわたり、米軍のB29爆撃機が1万2704発、約800トンの焼夷弾(しょういだん)を投下。少なくとも620人以上が亡くなり、人家の密集していた同市中心部約4・4平方キロの34・2%にあたる約1・5平方キロが焼失した。空襲は、軍需産業の進出など市の重工業化や、首都圏が空襲で破壊されたことが背景にあるとされる。

(2006-07-19 朝日新聞 朝刊 栃木中央 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

宇都宮空襲の関連キーワード宇都宮平和祈念館をつくる会宇都宮市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇都宮空襲の関連情報