コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守次 もりつぐ

大辞林 第三版の解説

もりつぐ【守次】

平安末・鎌倉初期の備中の刀工。事実上の青江派の祖。作風は古備前に似るが、地鉄中に澄肌すみはだと呼ばれる独特の肌を出す。長子貞次・次子恒次(数珠丸の作者)は後鳥羽院御番鍛冶に召され、ともに古青江派を代表する刀工。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

守次の関連キーワードレビン(Kurt Lewin)トポロジー心理学芸術心理学貞次(1)岩下方平相良守峯山本素程野良犬古備前青江物備中物為次備中恒次刀工

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android