コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守門[村] すもん

世界大百科事典 第2版の解説

すもん【守門[村]】

新潟県中部,北魚沼郡の村。人口5357(1995)。魚野川支流の破間(あぶるま)川が中央を南流し,河岸段丘上におもな集落がある。村名は北東端にある守門岳(1538m)にちなんでつけられた。県内でも有数の豪雪地帯で,冬季には平均3.5~4mの積雪があり,積雪期間は5ヵ月に及ぶ。耕地は1戸平均50aと零細で,過疎問題をかかえている。1971年に国鉄(現JR)只見線が全通し,国道252号線も整備され,工場誘致をすすめているが,小規模なものが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

守門[村]の関連キーワードヨータイ宇都宮[市]栃木[県]山辺[町]チビタカステラーナベアーワル瑞穂区神風号

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android