コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安くなった車の諸費用

1件 の用語解説(安くなった車の諸費用の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

安くなった車の諸費用

事故減少などを理由に、自賠責保険料は4月から自家用普通乗用車で4万3390円(本土、3年契約)が3万910円に、道路特定財源暫定税率期限切れに伴い、自動車取得税は4月から自家用普通乗用車で購入価格の5%分が3%分に下がった。税率を戻す法案が国会で可決されなければ、自動車重量税も5月から普通乗用車で0・5トンごとに現行6300円(1年分)から2500円に下がる。

(2008-04-24 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安くなった車の諸費用の関連キーワード自賠責保険一括払制度自動車保険料率算定会算定会積立保険料等運用益自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)任意・自賠責一括払システム被害者請求(自賠責保険)加害者請求(自賠責保険)自賠責調査事務所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone