安井 好尚(読み)ヤスイ コウショウ

20世紀日本人名事典の解説

安井 好尚
ヤスイ コウショウ

明治・大正期の農村指導者,教育者 大国英和学校長。



生年
弘化4年9月28日(1847年)

没年
大正11(1922)年10月10日

出生地
石見国邇摩郡大国村(島根県仁摩町)

経歴
石見国大国の大地主。明治10年島根県出品人総代として第一回内国勧業博覧会に出席したのを機に農事近代化を志す。12年殖牛社を設立し、島根の三瓶山で牛の放牧を開始。さらに篤農家林遠里を大国に招き、福岡式農法を試みるなど技術の導入と研究を積極的に行った。また、勧農会や水産や蚕糸・畜産など各種の共進会を開催。その活動は農業のみにとどまらず、20年には私財を投じて大国英和学校を設立し、校長として教育にも力を注いだ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android