コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井算哲(初代) やすい さんてつ

美術人名辞典の解説

安井算哲(初代)

江戸前期の囲碁棋士。安井家初代。幼名六蔵。幼少より碁技に優れ、19才で剃髪し、算哲と名乗り、碁打衆に加えられた。棋力名人、上手の間といわれた。慶安5年(1652)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

安井算哲(初代)の関連キーワード安井算知(1)土御門神道渋川春海棋院四家元禄文化安井知哲天文方

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android