コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井算哲(1) やすい さんてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安井算哲(1) やすい-さんてつ

1590-1652 江戸時代前期の囲碁棋士。
天正(てんしょう)18年生まれ。安井家初世。初世本因坊算砂の門にはいり,11歳のときから駿府(すんぷ)で徳川家康につかえ,のち中村道碩(どうせき)(初世井上因碩)らと御城碁をつとめた。準名人(8段)。子の2世算哲は,のちの初代幕府天文方の渋川春海(はるみ)。慶安5年1月9日死去。63歳。河内(かわち)(大阪府)出身。幼名は六蔵,次吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安井算哲(1)の関連キーワード承応狩野永徳ウルバヌス7世シェークスピア徳川家康戸次庄左衛門松木荘左衛門ケープ植民地戸次庄左衛門別木庄左衛門

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android