コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安保理決議1695と1718

1件 の用語解説(安保理決議1695と1718の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

安保理決議1695と1718

決議1695は北朝鮮が06年7月5日に行ったテポドン2など7発のミサイル発射を受け、決議1718は同年10月9日の核実験を受け、いずれも国連安保理で全会一致で採択された。「弾道ミサイル計画に関連するすべての活動の停止」(1695)、「いかなる核実験または弾道ミサイルの発射もこれ以上実施しないこと」(1718)などを北朝鮮に求めた。1718は北朝鮮へのぜいたく品の禁輸などの制裁措置も盛り込んだ。

(2009-04-06 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安保理決議1695と1718の関連キーワード北朝鮮古朝鮮自主解散決議案の否決米国の対北朝鮮制裁決議草案北朝鮮のミサイル発射凍結北朝鮮の高濃縮ウラン(HEU)計画北朝鮮の弾道ミサイル北朝鮮の弾道ミサイルの射程シリアの核開発疑惑国連安保理決議と議長声明

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone