安堂 信也(読み)アンドウ シンヤ

20世紀日本人名事典の解説

安堂 信也
アンドウ シンヤ

昭和・平成期の演劇研究家,翻訳家 早稲田大学名誉教授。



生年
昭和2(1927)年6月1日

没年
平成12(2000)年10月18日

出生地
東京

本名
安藤 信敏(アンドウ ノブトシ)

学歴〔年〕
早稲田大学文学部〔昭和26年〕卒,早稲田大学大学院文学研究科芸術学専攻〔昭和33年〕博士課程修了

経歴
昭和27年より2年間パリ大学に留学。帰国後、翻訳の傍ら劇団文学座の演出も手がけ、フランス直輸入の実験演劇を上演。のち早稲田大学文学部教授となり、51年より2年間第一文学部長、58年エクステンションセンター所長兼演劇博物館研究員を経て、大学院文学研究科委員長。退職後も客員教授を務めた。カトリーヌ・アルレーの主たる翻訳者、サミュエル・ベケット、アントナン・アルトーらフランス現代演劇の紹介者として知られる。主な訳書にサルトル「ユダヤ人」、J-L.ブロー「アントナン・アルトー」、ミッシェル・サヌイエ「パリのダダ」、カトリーヌ・アルレー「わらの女」「白墨の男」「目には目を」、ベケット「ゴドーを待ちながら」、アルトー「演劇とその形而上学」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android