コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安愚楽牧場の和牛商法事件

1件 の用語解説(安愚楽牧場の和牛商法事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

安愚楽牧場の和牛商法事件

出資者が国産黒毛和牛の繁殖牛のオーナーとなり、子牛が生まれると利益金を得るという仕組みで全国7万3千人のオーナーを集めた。2011年に経営破綻(はたん)。負債総額は約4200億円。警視庁は今年6月、元社長ら旧経営陣3人を特定商品預託法違反容疑で逮捕。東京地検は元社長ら2人を同罪で起訴したが、各地の被害者が告訴した詐欺容疑は不起訴処分(嫌疑不十分)とした。

(2013-11-08 朝日新聞 朝刊 大阪市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安愚楽牧場の和牛商法事件の関連キーワード褐毛和種黒毛和種但馬牛オーナー制度黒毛和牛無角和種米沢牛和牛オーナー制度和牛預託商法和牛(預託)商法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安愚楽牧場の和牛商法事件の関連情報