コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安政の五箇国条約・安政の五か国条約 あんせいのごかこくじょうやく

1件 の用語解説(安政の五箇国条約・安政の五か国条約の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あんせいのごかこくじょうやく【安政の五箇国条約・安政の五か国条約】

1858年(安政5)、江戸幕府の大老井伊直弼が米・蘭・露・英・仏五か国と順次締結した通商条約の総称。箱館・兵庫・神奈川・長崎・新潟五港の開港を取り決めた。勅許を待たず調印したので安政の仮条約と呼ばれ、尊王攘夷そんのうじようい運動の激化を招いた。また、治外法権や関税自主権の面で将来に禍根を残す不平等条約であった。 → 条約改正

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

安政の五箇国条約・安政の五か国条約の関連キーワード安政の大獄小林良典ペリー安田雷洲梁川星巌山本貞一郎点紋粘板岩浮田一蕙徳川家定ムガル帝国

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone