安斎 桜磈子(読み)アンザイ オウカイシ

  • 安斎 桜磈子 (あんざい おうかいし)

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の俳人



生年
明治19(1886)年2月7日

没年
昭和28(1953)年12月12日

出生地
宮城県登米郡登米町

本名
安斎 千里

学歴〔年〕
高小卒

経歴
家業の機織業を継ぐが、17歳の頃から俳句関心を抱き、明治38年頃から「日本俳句」に投句し、河東碧梧桐に認められる。44年「層雲」が刊行されるとここで活躍し、大正4年創刊の「海紅」では同人となる。句集閭門の草」、俳論随筆集「山に祈る」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1886年2月7日
明治時代-昭和時代の俳人
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android