コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安来節 どじょうすくい踊り

1件 の用語解説(安来節 どじょうすくい踊りの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

安来節 どじょうすくい踊り

一説では江戸時代、港町の島根県安来市若者たち酒盛りをする際、ドジョウをすくう動作をまねし、北前船が運んできた民謡・安来節のリズムとよく合ったのが起源とされる。明治時代末期、唄の名手・渡部お糸が一座を組んで全国を巡り、評判になった。1911年創設の安来節保存会によると、民謡、三味線など5部門あり、関東から中国地方まで67支部、会員は約3800人。都内では4支部、会員は約500人で、ほとんどが踊りの愛好者だという。

(2012-12-04 朝日新聞 朝刊 都区内 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安来節 どじょうすくい踊りの関連キーワード安来安来節安来市富田城あらエッサあらエッサくん安来[市]語猪麻呂並河理二郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone