安田 竜夫(読み)ヤスダ タツオ

20世紀日本人名事典「安田 竜夫」の解説

安田 竜夫
ヤスダ タツオ

昭和期の病理学者 大阪大学教授。



生年
明治32(1899)年8月31日

没年
昭和34(1959)年3月6日

出生地
大阪市

学歴〔年〕
大阪府立医科大学〔大正13年〕卒

学位〔年〕
医学博士

経歴
母校病理学教室の村田宮吉の門に入り、硅酸ソーダによる実験的アミロイド症や胎盤性ゴナドトロピン説の立証などに従事。昭和6年同大助教授、14年新設の附属専門部教授兼任。18年陸軍教授でマニラ赴任、復員後22年大阪大教授。32年日本病理学会で「内分泌の組織化学」について宿題講演。内分泌研究のほか吉田肉腫の移植免疫学研究に功績

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android