コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安田広治

美術人名辞典の解説

安田広治

江戸後期の国学者。伊勢山田生。安田義長の養嗣子、妻は本居宣長の娘能登。姓は秦・藤本、名は正起・豊秋、字は休甫、通称は長四郎・伝太夫。外宮宮掌大内人。宣長に入門、のち荒木田久老・本居春庭に師事した。書を能くした。著書に『神名帳部類』等がある。天保3年(1832)歿、65才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android