コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安田広治

美術人名辞典の解説

安田広治

江戸後期の国学者。伊勢山田生。安田義長の養嗣子、妻は本居宣長の娘能登。姓は秦・藤本、名は正起・豊秋、字は休甫、通称は長四郎・伝太夫。外宮宮掌大内人。宣長に入門、のち荒木田久老・本居春庭に師事した。書を能くした。著書に『神名帳部類』等がある。天保3年(1832)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android