安田広治

美術人名辞典の解説

安田広治

江戸後期の国学者。伊勢山田生。安田義長の養嗣子、妻は本居宣長の娘能登。姓は秦・藤本、名は正起・豊秋、字は休甫、通称は長四郎・伝太夫。外宮宮掌大内人。宣長に入門、のち荒木田久老・本居春庭に師事した。書を能くした。著書に『神名帳部類』等がある。天保3年(1832)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android