コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸ノ海節男 アキノウミセツオ

デジタル大辞泉の解説

あきのうみ‐せつお〔‐セツを〕【安芸ノ海節男】

[1914~1979]力士。第37代横綱。広島県出身。本名、永田節男(たかお)。入幕後初の春場所双葉山の70連勝を阻止し、一躍英雄となる。引退後、年寄不知火(しらぬい)を経て藤島を襲名。→第36代横綱羽黒山 →第38代横綱照国

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸ノ海節男 あきのうみ-せつお

1914-1979 昭和時代の力士。
大正3年5月30日生まれ。昭和6年出羽海(でわのうみ)部屋に入門,翌年初土俵,13年入幕。14年春場所初挑戦で横綱双葉山の70連勝を阻止し,一躍ヒーローとなる。17年37代横綱。優勝1回。21年引退,年寄不知火をへて藤島をつぐ。昭和54年3月25日死去。64歳。広島県出身。本名は永田節男。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安芸ノ海節男の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦[各個指定]芸能部門近藤芳美グリフィスカミュ荒川洋治

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android