安藤 九華(読み)アンドウ キュウカ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

安藤 九華
アンドウ キュウカ


肩書
衆院議員(国民協会)

生年月日
文政8年3月25日(1825年)

出生地
豊後国西国東郡(大分県)

経歴
帆足万里の藩校に学び、父の没後庄屋を継いだ。明治15年大分県西国東郡の郡長、23年第1回衆院選に当選、代議士として活躍。その間、秋月の乱、西南の役には福岡県属として鎮圧に努力。また公共事業にも尽力、その功績を称えて寿蔵碑が郷里に建てられた。

没年月日
明治37年1月8日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android