安藤 英治(読み)アンドウ ヒデハル

20世紀日本人名事典の解説

安藤 英治
アンドウ ヒデハル

昭和期の経済学者 成蹊大学名誉教授。



生年
大正10(1921)年3月3日

没年
平成10(1998)年12月18日

出生地
東京都新宿区

学歴〔年〕
慶応義塾大学経済学科〔昭和19年〕卒

経歴
学徒出陣で海軍に服務。戦後、成蹊大学教授を務めた。マックス・ウェーバー研究の草分け的存在。著書に「マックス・ウェーバー研究」「ウェーバー紀行」「ウェーバー歴史社会学の出立」「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の〈精神〉」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android