宗 重正(読み)ソウ シゲマサ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

宗 重正
ソウ シゲマサ


肩書
外務大丞,対馬厳原藩知事

別名
前名=宗 義達(ソウ ヨシアキラ)

生年月日
弘化4年11月6日(1847年)

出生地
対馬国府中(長崎県)

経歴
対馬国府中藩主の家に生まれ、文久2年襲封。明治元年新政府より朝鮮との外交を従来通り委任される。厳原藩知事を経て、外務大丞などを歴任。17年伯爵。その間、歌道に親しみ、作品は「大八洲家集」「現今自筆百人一首」などに収録されている。

没年月日
明治35年5月25日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android