コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教法人の税制

1件 の用語解説(宗教法人の税制の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宗教法人の税制

お布施などの宗教行為で得た所得は非収益事業として非課税となる。物品販売などの収益事業は課税されるが、所得の20%まで控除できるうえ、残り80%に対する税率も所得が800万円を超えた場合で19%(一般法人では23.9%)と優遇されている。

(2016-07-30 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗教法人の税制の関連キーワード寄蔵宗教法人宗教法人法法人幸福の科学宗教画宗教史所得法人所得宗教儀礼

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗教法人の税制の関連情報