コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教者の役割

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宗教者の役割

アラビア語で知識を持つ者の意味で単数形は「アーリム」、複数形で「ウラマー」と呼ばれる。イスラム法学者やコーラン学者など宗教関係の学者のこと。エジプトのアズハルモスク・大学のように宗教者が集まる機関で、学問を修める必要がある。国の政策から個人の行動まで、何が正しいイスラムの実践かを判断するのは宗教者の役割となる。

(2007-04-05 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

宗教者の役割の関連キーワードアラビア語

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗教者の役割の関連情報