コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官営八幡製鉄所

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

官営八幡製鉄所

日本の近代化牽引(けんいん)した最初の本格的な製鉄所。1901年に操業開始。以来、北九州工業地帯中核としても重工業の発展を支えた。現在稼働中の現役施設も含めて一部は、福岡県など8県が世界文化遺産に推す「明治日本の産業革命遺産」の構成資産。今年はじめにユネスコに推薦され、来年の世界遺産委員会で登録の可否が審議される。

(2014-08-28 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

官営八幡製鉄所の関連キーワード日本科学史(年表)八幡製鉄所争議長谷川 芳之助北九州工業地域福岡県北九州市日本製鉄[株]八幡(福岡県)北九州と製造業日本産業革命長谷川芳之助北九州の公害産業革命遺産中井 励作日本科学史海老名竜四稲山 嘉寛八幡製鉄所野呂 景義今泉嘉一郎小花 冬吉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官営八幡製鉄所の関連情報