コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官営八幡製鉄所

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

官営八幡製鉄所

日本の近代化牽引(けんいん)した最初の本格的な製鉄所。1901年に操業開始。以来、北九州工業地帯中核としても重工業の発展を支えた。現在稼働中の現役施設も含めて一部は、福岡県など8県が世界文化遺産に推す「明治日本の産業革命遺産」の構成資産。今年はじめにユネスコに推薦され、来年の世界遺産委員会で登録の可否が審議される。

(2014-08-28 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官営八幡製鉄所の関連情報