定光寺と蔭凉寺

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

定光寺と蔭凉寺

定光寺は1336(建武3)年に創建。尾張藩初代藩主の徳川義直の墓が造られ、尾張徳川家の菩提寺(ぼだいじ)となった。蔭凉寺は定光寺に付属する脇寺。定光寺の住職が名古屋城に参上する際、蔭凉寺で休憩したとされる。定光寺の住職が蔭凉寺の住職を兼務している。定光寺では国定公園内の私有林の違法開発が発覚し、所属する臨済宗妙心寺派は2月、前住職を退職させる「剥職(はくしょく)」の処分にした。

(2017-05-23 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android