コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定助(2) じょうじょ

1件 の用語解説(定助(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定助(2) じょうじょ

1263-1346 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘長(こうちょう)3年生まれ。大炊御門信嗣(おおいみかど-のぶつぐ)の猶子。真言宗。仁和(にんな)寺の性仁(しょうにん)入道親王に師事し,仁和寺尊勝院の住持となる。のち,神護寺別当,東寺長者をつとめ,正和(しょうわ)元年大僧正となった。貞和(じょうわ)2=興国7年11月2日死去。84歳。通称は内大臣僧正。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

定助(2)の関連キーワードカール[4世]正平貞和公示地価詠歌一体西使記大乗寺冷泉為相チェンライ弘長新制

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone