定助(2)(読み)じょうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定助(2) じょうじょ

1263-1346 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘長(こうちょう)3年生まれ。大炊御門信嗣(おおいみかど-のぶつぐ)の猶子真言宗。仁和(にんな)寺の性仁(しょうにん)入道親王に師事し,仁和寺尊勝院の住持となる。のち,神護寺別当,東寺長者をつとめ,正和(しょうわ)元年大僧正となった。貞和(じょうわ)2=興国7年11月2日死去。84歳。通称は内大臣僧正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android