定数是正めぐる動き

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

定数是正めぐる動き

2009年の衆院選小選挙区で最大2・30倍の格差があったことについて最高裁大法廷は昨年3月、「違憲状態」と判断した。「憲法の求める投票価値の平等に反する」と述べ、選挙制度の改善を迫った。問題とされたのは「1人別枠方式」。人口の少ない地方の声も国政に反映させるため全都道府県にまず1議席割り振るもので、有権者の一票の価値が地方の選挙区で重く、都市部が軽くなり、「合理性があるとは言い難い」と指摘された。しかし、国会のその後の動きは鈍かった。選挙制度改革は各党の獲得議席に大きく影響するため、各党の利害が一致しない。野田佳彦首相は14日、定数是正を条件の一つに解散することを表明。これを受け、民主、自民、公明の3党は小選挙区の「0増5減」を当面先行することに合意し、衆院選挙制度改革法案を16日に成立させた。だが、今回の衆院選には適用されないため、違憲状態のままでの選挙になる。

(2012-11-16 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android