コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定昇、ベア、賃金改善

1件 の用語解説(定昇、ベア、賃金改善の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

定昇、ベア、賃金改善

年齢(勤続年数)と賃金の関係をグラフにしたのが「賃金カーブ」。大企業など年功的な定期昇給(定昇)の場合は右肩上がりになる。定昇ではひとつ年を取ると、1年先輩が前年にもらっていた賃金を自動的にもらえる。ベースアップ(ベア)では賃金カーブが丸ごと上に移動し、どの年齢でも満遍なく賃金が上がる。今春闘でいう「賃金改善」は、実質はベアと同じだが、特定の年代を重視するなど配分方法を変える企業もある。定昇がないと賃金カーブは1年分右にずれる。高年層の賃下げなどがあればベースダウンと同じといえる。中小企業では定昇分以上の賃上げを勝ち取らないと、賃金の改善とはいえない。

(2006-03-17 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定昇、ベア、賃金改善の関連キーワード年功序列属人給賃金構造賃金格差定昇年功序列型賃金パトグラフィー標準賃金個別賃金モデル賃金

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone