コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定時制・通信制高校

1件 の用語解説(定時制・通信制高校の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

定時制・通信制高校

中学卒業後に勤労などで全日制高校に進めない青少年のための制度として、1948年に始まった。県内の公立高校では、11校に定時制、2校に通信制がある。2013年度、中学卒業後に定時制・通信制に進学した生徒は1218人(私立を含む)。全日制に進学した生徒の約7%。生徒の選択の幅を広げるため、科目を選べる「単位制」や、昼間や夜間など生徒の生活パターンに合わせた時間帯を選べる「多部制」の学校も増えている。修業年限は「4年以上」から「3年以上」に変更され、全日制と同様、3年でも卒業できるようになった。

(2014-03-31 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定時制・通信制高校の関連キーワード進学率全日制単位制高等学校単位制高校定時制高校県立高校再編昼間定時制通信制高校サポート校県内の夜間高校

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定時制・通信制高校の関連情報