コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期路線一元化問題

1件 の用語解説(定期路線一元化問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

定期路線一元化問題

05年2月の中部空港開港に伴い、愛知県は国の第2種空港だった名古屋空港を買い取って県営とし、名古屋空港の国内・国際線の定期路線すべてを中部空港へ移す「一元化」に同意した。しかし、名古屋空港の地元自治体が、滑走路を共用する航空自衛隊小牧基地だけが残ることに強く反対。県は「60席以下の航空機は定期路線の範囲外」とし、日本航空グループのジェイエアの航空喫座席数50)運航を受け入れてきた。現在はジェイエアが9路線を運航し、福岡のほか、秋田、新潟、松山、長崎、熊本の6路線が中部空港と競合している。

(2007-10-30 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定期路線一元化問題の関連キーワード拠点空港中部国際空港セントレア高知空港中部空港山口宇部空港県営名古屋空港中部空港と県営名古屋空港の定期路線一元化問題日中航空交渉定期便一元化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone