定規・定木(読み)じょうぎ

精選版 日本国語大辞典「定規・定木」の解説

じょう‐ぎ ヂャウ‥【定規・定木】

〘名〙
① 直線、曲線、角などを正しく描いたり、または物を裁ったりするのにあてがって用いる器具。三角定規、雲形定規、T定規、たわみ定規などがあり、伸縮や狂いの少ない材質が用いられる。また、ものさしなどにもいう。〔文明本節用集(室町中)〕
※黄表紙・御存商売物(1782)下「根性にひづみがあると、定規(ジャウギ)にかけて截(た)ちなをし」
② 規準や手本となるもの。模範。規範。
※玉塵抄(1563)三七「人は百年を定命にして云ぞ百年はいきねも、先定木にして云ことぞ」
※歌舞伎・黄門記童幼講釈(1877)五幕「宗賀さまが御覧になって、よいとおっしゃればそれが定規(ヂャウギ)
③ (形動) きまっていること。きまりきったさま。当然。
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)三「茶染の木綿ぎりもんは、どこでしをっても定規なもんぢゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android