コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定言命法 ていげんめいほう

大辞林 第三版の解説

ていげんめいほう【定言命法】

人間の意志を制約する道徳法則のうちで、人間一般に無条件に当てはまるものをいう。仮言命法が「もし幸福を望むならば、云々の行為をせよ」と条件付きであるのに対し、端的に「何々せよ」と義務を命ずる。カントによれば、道徳的命法は何かの目的のための手段であってはならないから、定言命法であるとされる。定言的命令。無上命法。 ↔ 仮言命法

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定言命法の関連情報