コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定言命法 ていげんめいほう

大辞林 第三版の解説

ていげんめいほう【定言命法】

人間の意志を制約する道徳法則のうちで、人間一般に無条件に当てはまるものをいう。仮言命法が「もし幸福を望むならば、云々の行為をせよ」と条件付きであるのに対し、端的に「何々せよ」と義務を命ずる。カントによれば、道徳的命法は何かの目的のための手段であってはならないから、定言命法であるとされる。定言的命令。無上命法。 ↔ 仮言命法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

定言命法の関連キーワードカント(Immanuel Kant)カント哲学の基本概念定言的命令仮言命法道徳法則無上命法形式主義

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android