コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宛てがい扶持・宛行扶持 あてがいぶち

大辞林 第三版の解説

あてがいぶち【宛てがい扶持・宛行扶持】

が原義〕
雇っている側の一方的な判断で与える手当。
江戸時代、雇い主が雇い人にあてがって渡す扶持米。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

宛てがい扶持・宛行扶持の関連キーワード江戸時代扶持米雇い主雇い人原義

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android