コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝山左衛門(4世) たからさんざえもんよんせい

1件 の用語解説(宝山左衛門(4世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝山左衛門(4世)
たからさんざえもんよんせい

[生]1922.1.5. 東京,東京
[没]2010.8.7. 東京
長唄鳴物笛方(→鳴り物)。本名若林英次。5世福原百之助の子。1928年から小鼓太鼓,1935年から笛を父に師事した。父が考案した篠笛の譜の改良や,従来あまり音高が定まっていなかった篠笛の改造を行なったり,なめらかに吹く奏法を工夫するなど芸術的表現を高めることに尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝山左衛門(4世)の関連キーワード階乗東京メトロエヌ本場所三角数東京ベイN.K.ホール東京都西東京市緑町東京都墨田区横網伊能秀記Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone