宝生 九郎(17代目)(読み)ホウショウ クロウ

20世紀日本人名事典の解説

宝生 九郎(17代目)
ホウショウ クロウ

大正・昭和期の能楽師(宝生流シテ方) 宝生流宗家(17代目)。



生年
明治33(1900)年7月2日

没年
昭和49(1974)年7月18日

出生地
京都府京都市仲長者町

本名
宝生

別名
別称=宝生 九郎重英(ホウショウ クロウシゲフサ)

主な受賞名〔年〕
芸術祭賞〔昭和29年〕「満仲」,芸術選奨(昭29年度)「船弁慶」(レコード),勲三等瑞宝章〔昭和46年〕

経歴
分家宝生嘉内の二男。明治36年「高野物狂」で初舞台、42年「猩々」で初シテ。同年一家をあげて東京に移住し、16代目宝生九郎に弟子入り大正6年18歳で宗家を継承、重英を名乗り、昭和24年17代目九郎を襲名した。一方、13年東京音楽学校教授、20年能楽協会初代理事長もつとめた。32年より日本能楽会会員、37年日本芸術院会員に。重厚堅実な芸風で、新作能「復活のキリスト」も手がけた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

宝生 九郎(17代目)
ホウショウ クロウ


職業
能楽師(宝生流シテ方)

肩書
宝生流宗家(17代目) 日本芸術院会員〔昭和37年〕

本名
宝生 勝

別名
別称=宝生 九郎重英(ホウショウ クロウシゲフサ)

生年月日
明治33年 7月2日

出生地
京都府 京都市仲長者町

経歴
分家宝生嘉内の二男。明治36年「高野物狂」で初舞台、42年「猩々」で初シテ。同年一家をあげて東京に移住し、16代目宝生九郎に弟子入り。大正6年18歳で宗家を継承、重英を名乗り、昭和24年17代目九郎を襲名した。一方、13年東京音楽学校教授、20年能楽協会初代理事長もつとめた。32年より日本能楽会会員、37年日本芸術院会員に。重厚堅実な芸風で、新作能「復活のキリスト」も手がけた。

所属団体
日本能楽会

受賞
勲三等瑞宝章〔昭和46年〕 芸術祭賞〔昭和29年〕「満仲」,芸術選奨(昭29年度)「船弁慶」(レコード)

没年月日
昭和49年 7月18日 (1974年)

家族
父=宝生 嘉内,養父=宝生 九郎(=知栄 16代目宗家),長男=宝生 英雄(18代目宗家),四女=宝生 公恵(能楽師)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

宝生 九郎(17代目) (ほうしょう くろう)

生年月日:1900年7月2日
大正時代;昭和時代の能楽師シテ方。東京音楽学校(現東京芸術大学)教授
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android