コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実教出版を巡る教科書採択問題

1件 の用語解説(実教出版を巡る教科書採択問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

実教出版を巡る教科書採択問題

実教出版の高校日本史教科書に、国旗・国歌法の注釈として「一部の自治体公務員への強制の動きがある」と記されているのに対し、大阪府教委が7月、「記述が一面的」と府立学校に通知した。9高校が使用を希望。8月末、起立斉唱を求める職務命令を合憲とした最高裁判決などを補完教材で教えることを条件に府教委が採択を決めた。東京都教委は「使用は適切でない」と全校に通知。神奈川県教委も「県教委の方針と相いれない」と選定予定校に再考を促し、いずれも選んだ学校はなかった。

(2013-10-10 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実教出版を巡る教科書採択問題の関連キーワード教科書裁判教科書体検定教科書国旗国歌法教科書の日沖縄ノート訴訟と教科書問題集団自決をめぐる教科書検定集団自決をめぐる教科書検定問題光村図書出版大阪書籍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone